千趣会で素敵な通販生活を! > 千趣会 ベルメゾン > 千趣会ベルメゾンと環境問題

千趣会 ベルメゾン

千趣会ベルメゾンと環境問題

千趣会が発行するベルメゾンのカタログは年間約1億冊、約4万トンのパルプを消費しているんですって。紙を使うということは、木を伐採するということ。そこに視点をあてることはとても大事なことです。
千趣会では紙問題は最大の環境問題であると認識し、1993年からオーストラリアで約24000ヘクタール規模の植林事業に参画してるそうです。木を植え、育てる。育った木を伐採して紙の原料を作る。再び木を植える。少しでも多く、そして近い将来の自給自足のために・・・。
人と環境、地球との関わりを考えることは、それは私たちの未来を考えるということにもつながりますよね。
昨今、自分たちの利益ばかりを追求して、地球にも環境にも優しくない企業が多い中、自分たちがかかわる環境問題を、自分たちの手で見直していくために会社一丸となって真剣に取り組む・・・
千趣会の会社のスローガンは「Think the Earth,think the future」だそうです。
千趣会ってすばらしいですね。ベルメゾンでものを買いたい気持ちになりますよね!!

<<千趣会ディズニーグッズで素敵なキッチンを作ろう! | 千趣会で素敵な通販生活を!トップへ | 千趣会 雑貨カタログ>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。